FC2ブログ
2011.06.30 ホタル
大阪の端、交野市に南星台というところがあります。

そこは街づくりの一環でホタルを育てています!

近いのに毎年行きそびれてて
今年やっと行くことができました!

行くとおじさんたちが
「今日は6匹ぐらいや!」
と教えてくれました。

暗闇の中、じーっと目をこらすと
小さな川にぽつぽつと明かりが見えます。

「あっ!光ってるで!」

長男もおでこを蚊にかまれながら喜んでいます!

小さな川の小さな範囲ですが
それもまたいいものです。

もともとは近所のおじさんが、家でホタルを育てて、ここで放してお酒飲んでたんだそうな
ほんなら自然と毎年光るようになったんだって。

すごいよねぇ~。

ほんとは6/15ぐらいが一番良くって1000匹ぐらいの源氏蛍が光ってるんだって!

今はもう終わりかけで平家蛍が飛んでるらしい。


そもそも、ホタルが光るのは、オスとメスの愛のささやき合う信号なのだそう。
でも、成虫になってからは2週間ぐらいしか生きられない・・・。
短いね・・・。
源氏蛍と平家蛍では、源氏蛍の方が光が強く体も大きいそうです。

へぇ~。

南星台のホタルは
街の人が小川をきれいにしたり、ホタルを育てて放ったりし、
餌の貝を育てて幼虫にあげたりしているそうです。

色んなことをしてきて今があるんだということがわかりました。

ホタルの名所はたくさんあるけど、
地元の人ががんばって育てたホタル、交通整理をして案内してくれる地元の人
ありがたいですよね。

それを考えると、またホタルの見方も変わってきます。

いつまでもホタルが住めるきれいな川であってほしいなぁと思います。

来年は、見ごろに来たいと思います!


スポンサーサイト